旦那の浮気相手、よりによって独身の私より年上の人でした。


城県の浮気調査が依頼できる評判のいい探偵事務所・興信所一覧>>

年上好きの夫、年下好きの私

私、36歳、夫は、30歳、出会ってすぐに一目ぼれしてその日のうちに関係を持ち、すぐに同棲を初めて、1年後に結婚しました。
私はそれまで、4歳以上年下の男性としか付き合ったことがなく、年上の男性よりも年下の男性と気が合うのは自覚していました。
それに、夫はそれまで同級生か年下としか付き合ったことがないのに、私に限っては都市は関係ない、と思ってくれたと言っていて、6歳も年上だけどプロポーズしてくれたんです。
もちろん、夫の両親からは少し嫌味を言われました。だって、彼の姉よりも年上だし、本当にいいの?などと何度も確認され、嫌な気持ちにもなったのをはねつけてまで私を選んでくれたんです。
だから私も少しでも彼に見合う女性で居続けたいと思って、食生活やスキンケアなどに一層いそしむことになったんです。
結婚してすぐに子どもを3人も年子で授かれたこともあり、今では彼の両親との関係もとてもよく、年上だから、などと引け目も感じなくなっていた矢先でした。
私が3人目を産んですぐ辺りからでしょうか、もしかしたら、3人目をおなかに身ごもっているときあたりからでしょうか、夫が少し帰宅を遅くし始めたんです。
若いし、3人の子どもの親ともなると、仕事を頑張ってくれて頼もしいなと思っていたんですが、それが浮気だったとは、本とにショックでした。
浮気なんかしないと決めつけていた私が悪かったのでしょうか。
子育てで忙しくて、たしかに身なりも構っていなかったというのは反省しています。
でも、それってしょうがなくないですか。本当にくたくたで、年齢的にもがくっと老け込んだ時期と重なっていて、自分でもいつかちゃんとしないと、とは思っていたんです。

浮気だけじゃなかった、Wのショック

浮気相手の人のことがすごく気になって、私はてっきり、年下のかわいい人なんだと思っていました。
そうであったら、ショックはショックでも、まあしょうがない、私はこんなだし、目が行ってしまっても、とか私なりに都合にいいように頭の中で言い訳していたんです。
それが、相手は、40歳、独身、と言うんです。
写真見せてと言っても無いと言い張ってぜったいに見せてくれませんでした。
写真なんて撮るわけないだと、と言われて、確かにそうなんですが、いったい、40歳で30歳の男に言い寄られるって、どんな女性なのか、すごくすごく興味がありました。
当たり前じゃないですか?
自分より年上で、、、独身って、、、夫の浮気相手として許せる範囲を超えています。
芸能人で同世代の独身女性を徹底的に探しましたが、そのへんにこんな女優さんたちクラスの人がいるわけないし、今でもずっとこころにくすぶり続けています。

乗り越えるには自分磨きしかないのかな。

それからの私は3人の子育てをしながら、エクササイズやスキンケアにものすごく時間を割いています。
母乳で育ててこれ以上胸が垂れるのも嫌なので、3人目はミルクに切り替え、バストアップも頑張っています。
私ももうすぐ40なので、浮気された相手と同じ年、多分、経産婦のほうが、独身の女性よりも何かと老け込みがあると思うんで、その分努力しないと、と思っています。
夫は、たった数回しか関係を持っていないと言い張っていて、その後すぐに別れたと言っていますが、私は信用しきれていません。
浮気を知ってからは、夫には指一本触れさせていません。
もっときれいになってから、と思っています。
夫は私の年齢とか見た目の問題じゃなくて、すごい忙しそうで、自分のことを相手にしてもらえていないのが寂しくて、つい飲みに行ったバーで知り合ってそのままズルズルしたと言うんですが、よほど魅力のある人じゃないと、40は抱けないでしょ?と思う気持ちは消えません。
どうせならもっと若い子と遊んでほしかった。
こんなことなら、年下の夫を選ぶんじゃなかったとまで思う日があります。

 

旦那の浮気相手の電話番号と着信名には用心するべし

 

年上の旦那の染み付いた浮気癖は直らないという覚悟!

年上の旦那とくに、40代で結婚する男には、数えられないほどの癖が存在します。それらを寛大な目で見守ることが妻には必ず必要だとしみじみ感じています。

私は、5年前に出会い、4年前に、旦那39歳、私、27歳のときに結婚しました。営業マンということもあって、交友関係も広く、付き合っていたころも、そういった仕事関係や趣味関係の夜の付き合いの多いところは理解していました。当初は、遠距離恋愛だったため、夜、昼の時間を問わず、いつもメールや電話で頻繁に連絡してくれるところをみていると、派手な付き合いがあっても、どこか安心できるところがありました。

しかし、そこでひとつアドバイスできるならば、そんな生活を長い年月続けているアラフォー男子は、恋人関係や、結婚して夫婦の関係になったとしても、簡単に私生活を変えることはできません。

長年味わってきた自由で開放的な独身時代は、40歳をすぎると、なかなか卒業できないのです。私の旦那も、遊ぶことや交友関係は彼の生活の一部となり、周りがどうこう言ったって直りませんでした!

結婚したら、自然に落ち着くところに落ち着くだろうと思っていましたが、むしろ、私のアンテナの感度が上がっていく結果となりました。

まず、夜遊びはしょっちゅうでした。キャバクラやガールズバーなどいろんな名刺をご丁寧にもらってくるのだから、こちらが「これ何?」と聞くことを期待しているかのようでした。外勤が多く、取引さきとの飲み会などが頻繁にあるので、あまり問い詰めたことはありませんが、ひとつ、厄介そうだなと警戒したことがありました。

不自然な着信名には用心せよ!

いつもトイレや風呂などにまで自分の携帯を持っていく旦那さんですが、毎日決まったように、夜の8時ころにかかってくる電話は、着信名のところ、会社名が丁寧に書いてありました。以前、キャバクラのお姉ちゃんの着信名は、「茨城 乳」、「名古屋 ヤレる」など、その土地の名前とテキトーなネーミングの組み合わせばかりでした。そういうふざけた着信名は、遊びの対象でしかないと確信しています。名前すら覚える気なさそうですので・・・

その会社名の着信には、かなりの違和感がありました。旦那は、着信に気づいてもすぐにその場で出ず、後でかけなおすといいます。

私なら、大事な取引先の電話は、時間を置かず、その場に出たほうが印象はいいと思うのです。また、わざわざ会社から、携帯にかけてくるのは、仕事関係の急用に違いないのに、気づいても出ないのは、不自然です。

携帯のパスワードは暗記しているので、寝てる間に突破して、すぐナンバーを控え、また、Lineでメッセージを送ってみました。寝ているときの男の人は、本当にアホ面をしています。

「この間はありがとう。」こう送ると、案の定、すぐにハートマークのついた返信がありました。そして、女と確信できる絵文字ばかりを送ってきました。

このときは、怒りよりも、自分の感のよさと、突き止めてやったぜ!という達成感だけで動いていました。

じわじわと追い詰めてやろうと、まずは、連絡先の変更をっしました。着信名はそのままに、電話番号は私のを上書きしてみました。

本当に懲らしめてやろうと思い決行しました。半分、面白がっている自分もいたので、今では、自分のことも怖いな、と思います。

しかし、男は、本当にアホです。

特に、うちの旦那さんは、私が家を留守にし外に出たとき、まんまとその浮気相手に電話します。しかし、連絡先は上書きされているので、出たのは私でしたが、気づかず、最後まで楽しそうに会話していました。

ここまでバカだと、怒りはなく、哀れになりました。それでも、反省はしてもらいます!

怒りや感情をぶつけるより、事実を語るとよし!

旦那と、向かい合って淡々と、浮気相手の名前、所在地、電話番号、そして会話の内容まで、言いました。旦那は顔が赤くなり、何もいえなかったようでした。次の日、感謝の手紙と、花をプレゼントしてくれました。

怒らず、笑わず、無表情で淡々とあったことについて話している私を見て、捨てられる!と思ったそうです。あわててプレゼントなんか用意しても、起きてしまったことは戻らないので、裏切ったことは、許していません。

旦那も、私がいつでも出て行く準備があることは伝わったようなので、とりあえず、その後も、我慢ができなくなるまで、一緒にいます。